トレンドの事・モノ・地域などいろんな視点から皆様に有益な情報を一つでも多く配信していこうと考えています。

『速報』秋田・金足農業高校 吉田 輝星投手 プロ志望を表明

 
この記事を書いている人 - WRITER -
パソコンについては少し触ったことがある程度で業務でワードやエクセルを入力できるレベルからのサイト立ち上げです。 色々と好き勝手情報載せていきますので興味があるものだけでも見て行ってください。

こんにちは  

本日10月10日16:00より秋田・金足農業高校の吉田 輝星投手がプロへの道を記者会見で表明を行っておりました。

挨拶

最初は部長による紹介から始まり吉田選手の挨拶となりました。
吉田選手の挨拶は約27秒程でしたがしっかりとした姿勢で多くの報道陣を目の前に話していました。

 

記者会見

最終的にプロを志した時期は?

甲子園を勝ち進んでいく中やU18で日の丸を背負うことにより少しずつプロへの道を決めるようになったみたいです。

家族との話し合いでは?
ご両親の反応は「強い意志があるならその意思を尊重するよ。でも、この先の長い人生をしっかり考えてから決めて」と言われたみたいです。

プロへの意識をしたのはいつくらいから?
「国体帰ってきてから色んな方と話し合って決めました。」

どんなプロ野球選手になりたい?
「U-18で日の丸を背負ったときは良いピッチングができなかったので、また日の丸を背負っていいピッチングができる選手になりたい。」

人生の転換期のこの時期はどのように過ごされていました?
チーム全体の話では
「最初は甲子園を目指し甲子園に出ていた方を追いかける立場でしたがチーム全体で甲子園を勝ち上がっていく中で追いかけられる立場となりそこで気を抜かずに自分たちは自分たちができることをやっていこうと思っていたみたいです。」
個人的な話では
「甲子園前より注目のされ方が一番違う
周りの環境が変わったが野球の中では自分のプレーをしっかりやっていこうと思っています。」

プロへの迷いはなかったのでしょうか?
「環境が甲子園出て変わったのでそこを冷静に受け止められなかったので迷っていたみたいです。
客観的に自分を見た中でプロの世界で通用するのかしっかり考えられなかったので心配があった見たいです。」

最終的にプロへ行く要因は?
「国体・U-18・甲子園と経験していく中での経験が一番だったみたいです。」

後輩たちへの言葉は?
「自分を目指すのではなく自分よりいい選手になれるように頑張ってほしいと言っていました。」

日常で変わったことは?
「甲子園終わって国体もありましたが、空いている時間を野球に使おうと思うようになったみたいです。」

学校生活の在校生の反応は?
「いつも通りの対応をしてくれたのでうれしかったとのことです。」

U-18の時背番号16番を付けていたと思いますが、16番についての気持ちはありますか?
「16番という背番号を付けることはなかったのですが、付けてみて新鮮な気持ちになったみたいです。」

プロに入ってから背番号は?
「入団してから決めていきたい。」

秋田の野球をしている子供たちへ向けて
「自分の目標を立てて目標を高く持って頑張ってほしいと言っていました。」

国体・U-18・甲子園の経験がプロを目指す上で大きかったとのことですが、プロへの決断を決定づけた瞬間などは大会の中でどのような場面でしたか?
「ひとつ決定的な瞬間があったわけではなく、甲子園一試合一試合とか今まで戦ってきた全国の一戦一戦で少しずつ気持ちが変わっていったみたいです。」

進学ではなくプロを決めた理由は?
「幼いころからのプロ野球選手になりたいという気持ちが一番強かったみたいです。」

どんな教育方針の球団に入りたい?
「野球を全力で頑張れる、しっかり野球を頑張れるところに行きたいと思っているみたいです。」

プロで獲りたいタイトルはありますか?
「もう一度日の丸を背負って勝てるようになりたい。」

チームへの仲間へはどのように声を掛けられましたか?
「会見まで進路を明らかにしてこなかったので自分の進路にかかわらず応援するよと言ってくれたみたいです。
3年生のチームメイトには全員に言われていたみたいです。」

後押しをしてくれる言葉はありましたか?
「進路決める中で自分の進路を尊重してくれるという方が多かったので、その言葉を心の中に置きながら進路を決めたみたいです。」

10月4日に決めてから志望届を出すのに時間がかかった理由は?
「しっかり短い間でも将来の事を考えてから志望届を出したかった。」

志望届を出した後に気持ちの変化はありましたか?
「厳しい世界なのでしっかり覚悟していかないとと思ったみたいです。」

志望球団について
「今はプロの世界には入れればその球団で精一杯努力して選んだくださった球団の為に頑張ると言っていますのでこれからの活躍が楽しみです。」

プロでの目標としては
「野球に全力で取り組めるところに行きまた日の丸を背負いたいと言っています。」
「プロ野球で対戦したい選手はという質問にはプロ野球選手全員と対戦してみたいという事でした。」

以上、途中ですが吉田選手が今後プロで活躍して野球少年たちの糧に少しでもなっていただけたらと思っております。

そして、記者人からの質問にもしっかりとした自分の意見を持ち応えていました。

ドラフト会議

くじ運がいい球団?2000年~4球団以上競合した選手を対象

セ・リーグ2人
パ・リーグ15人

球団別獲得率
日ハム4人 楽天3人 ソフトバンク・ダイエー 3人 西部 2人 ロッテ1人 阪神1人 ヤクルト1人

 

本日は吉田選手の記者会見の情報でした。

2週間後のドラフト会議少し楽しみななってきましたね。
プロ志願提出期限あす10月11日  ドラフト会議10月25日

 

では、本日は以上情報提供でした。

また情報入り次第公開していきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
パソコンについては少し触ったことがある程度で業務でワードやエクセルを入力できるレベルからのサイト立ち上げです。 色々と好き勝手情報載せていきますので興味があるものだけでも見て行ってください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 今話題!?旬な情報を素早く公開 , 2018 All Rights Reserved.