トレンドの事・モノ・地域などいろんな視点から皆様に有益な情報を一つでも多く配信していこうと考えています。

思いますYouTuber増殖中-近年の増加中-

2018/11/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
パソコンについては少し触ったことがある程度で業務でワードやエクセルを入力できるレベルからのサイト立ち上げです。 色々と好き勝手情報載せていきますので興味があるものだけでも見て行ってください。

おはようございます。

今回は見てる人も多いと思われるYouTubeについて話して行きます。

かなり個人的意見なので読みたく無い方は閉じていただいて構いません。

日本に定着しつつあるYouTube

まず初めにYouTubeが日本に定着し始めたことについて話して行きます。

 

YouTubeは元々アメリカの方がパーティーなどの動画を簡単に動画共有したいと言うことがきっかけになり2005年あたりから始まったみたいですね。

 

他には出会い系サイトだった説もあったりエッチな動画を見たさにと言う説もあったり様々です。

 

日本に定着してきたのは3.4年前くらいからと言われていましてまだまだ日本の方には認知が低いところもあるのかと思います。

 

YouTube自体がまだ10数年と言う歴史というのもあるかもしれませんね。

日本のYouTube引き立て者

日本にYouTubeを定着するにあったって有名な方といえばHIKAKIN、SEIKIN、はじめしゃちょーetcがあげられると思います。

 

他にもたくさんの方の支えがありYouTubeが日本で大きく飛躍したのだと思います。

 

今ではカメラと動画配信できる環境が整っていれば誰でも始められるYouTubeですが自分的になんか不自然な感じがして見なくても良いかなと言うことがあります。

 

 

「思います」の連発

それは、「思います」の連発です。

 

この思いますは通常語として使われており、敬語でも丁寧語でも無いみたいですね。

 

YouTubeでの話し言葉なので通常語で問題はないと思いますが使い方にちょっと「ん?」と思う箇所がありましたのでお伝えします。

 

それは、自分がこれからすると決めていることに対しての「思います」発言ですね。

 

思いますとは通常これからどの様になるかや自分の意見を言う時に使う言葉なのですが、YouTuberの多くの方はこれを自分が考えたことでは無い、どうなるか全くわからないなどといった様な感じで使っていたので少し気になりました。

 

色々と受け取り方はあると思いますが私はこの様に捉えてしまったので毎回聞くたびにハテナが浮かびます。

 

 

まとめ

YouTubeは日本で定着しつつあるモノとしては見ている方の癒しにもなると思いますし一つの情報源として活用できるので良いものが入ってきたとは思います。

 

以上、YouTubeについての話でした。

また、情報入りましたら皆様にお伝えして行きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
パソコンについては少し触ったことがある程度で業務でワードやエクセルを入力できるレベルからのサイト立ち上げです。 色々と好き勝手情報載せていきますので興味があるものだけでも見て行ってください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 今話題!?旬な情報を素早く公開 , 2018 All Rights Reserved.